カテゴリ:art work:制作( 20 )

PAPER WORKS

e0178199_2159346.jpg

"Paper Works" Wang Shaoqiang (編集)

紙を素材とした作品を集めた「Paper Works」 が出版されました。

まだ手元に届いていないので、他のアーティストの情報がなく、大まかなお知らせでごめんなさい。。
ですが、世界的に活躍されているアーティスト、クリエーター、デザイナーなどの作品が数多く掲載されているようで、私自身見るのがとても楽しみです。

私のは、昨年、神戸のLE GRENIERで展示させて頂いた、紙の作品です。
撮影は今回も写真家の服部貴康氏によるもの。
いつも最高の切り取り、ありがとうございます!

そして今回頂いたお話を実現するにあたって、たくさんの方にご協力いただきました。
この場を借りてみなさまにお礼させていただきます。
特に、何回も先方とやり取りして通訳してくださったひとみさん、
本当にありがとうございました!

日本でも大型書店や専門店などでご覧いただけるかと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

"Paper Works" amazon
[PR]
by cucumbertea | 2012-05-18 01:18 | art work:制作

展示終了/ありがとうございました

e0178199_20174730.jpg
e0178199_20175893.jpg
e0178199_2018893.jpg
e0178199_20181827.jpg

金子祐梨子 drawing lace

会期:2011/10/21 fri - 10/30 sun
会場:LE GRENIER(ル・グルニエ)
〒650-0004 神戸市中央区中山手通1-22-5 3F  galerie GRENIER 
Tel & Fax 078 272 0522
Open. 12:00 - 20:00 [ Closed. Wednesday ]

e0178199_20183021.jpg
e0178199_20184373.jpg
e0178199_2018548.jpg
e0178199_2019353.jpg


関西方面からはじめてご来場頂いた皆さま、東京からお越し下さった方々、心よりありがとうございました。
初めての関西での展示でしたが、とても温かく受け入れてくださり有難く嬉しかったです。
今回の個展では、会場から展示構成、制作まで、本当に自分自身ずっとやりたかったことが、ようやく形になりました。こうして一度形になることで、またはっきりと見えてきたと思います。
企画して下さったグルニエのオーナーさま、スタッフの皆さま、東京から応援に駆けつけて下さった方々、
重ねてお礼申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

追記:
今回、DMなどのデザインを担当して下さった、スタッフの朝倉由美さんの個人ブログでもご紹介頂きました。ものすごく素敵に撮っていただいています。ありがとうございます!
[PR]
by cucumbertea | 2011-11-01 21:16 | art work:制作

展示、無事にはじまりました

e0178199_1154234.jpg
e0178199_1154156.jpg

先週の金曜日から、ひっそりと展示始まりました。
期間中はこちらに滞在していますので、ぜひ遊びにいらしてください。
みなさまにお会いできるのを楽しみにしています。

金子祐梨子 drawing lace

会期:2011/10/21 fri - 10/30 sun
会場:LE GRENIER(ル・グルニエ)
〒650-0004 神戸市中央区中山手通1-22-5 3F  galerie GRENIER 
Tel & Fax 078 272 0522
Open. 12:00 - 20:00 [ Closed. Wednesday ]
[PR]
by cucumbertea | 2011-10-24 12:17 | art work:制作

神戸での展示のお知らせ

e0178199_1058668.jpg

金子祐梨子 drawing lace

会期:2011/10/21 fri - 10/30 sun
会場:LE GRENIER(ル・グルニエ)
〒650-0004 神戸市中央区中山手通1-22-5 3F  galerie GRENIER 
Tel & Fax 078 272 0522
Open. 12:00 - 20:00 [ Closed. Wednesday ]



会場のLE GRENIERは、神戸に行く度にうっとりしていた憧れのお店です。
神戸のお洒落カフェと言ったら、のトリトンカフェの姉妹店でもあります。
2Fがセンスの良いアンティークや洋服、インテリア雑貨などのshop、
そのさらに上の3F、galerie GRENIERで展示させて頂けることになりました。

今回は念願の、紙のカットドローイングをメーンとした展示です。
関西での初めての展示となり、期待と不安でいっぱいです。
この機会に、ぜひお立ち寄りいただけたらと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by cucumbertea | 2011-10-17 11:45 | art work:制作

gellery re:tail での展示報告

遅くなりましたが、先月に行われた「出張Stick展」gallery re:tailのご報告です。
たくさんの方にご来場頂き、本当にありがとうございました。

e0178199_23442372.jpg

まるで絵本の世界のような素敵過ぎる外観です。並んだお隣さんは本店の「poool」さんがあります。
e0178199_23443469.jpg
e0178199_0181112.jpg

22人もの作家たちの、生活に優しく寄り添うパワフルな作品が並びました。
e0178199_23444525.jpg

私のはこんな感じでした。(▲ 壁面)
e0178199_2345560.jpg

driftwood corsage objet
e0178199_23452066.jpg

e0178199_2345406.jpg

e0178199_23455593.jpg

e0178199_0131913.jpg

ひきつづき、これらの作品は場所を変えて、現在Studio Stickさんにて開催中の「夏色のタカラモノ」展にて展示中です。

「夏色のタカラモノ」展
会期:2011年7月2日(土)〜17日(日)
※会期中不定休のため、恐れ入りますがオープン日はサイトまたはお電話にてご確認ください。
場所:Studio Stick〒195-0061 東京都町田市鶴川3-15-26
TEL:042-736-1185

赤井太郎(ツクリテ)/秋山啓子(陶作家)
今城晶子(金属造形家)/UU(陶磁器アクセサリー)
大野亜紀(テキスタイル・アクセサリー)/金子祐梨子(造形作家)
シミズダニヤスノブ(テキスタイルデザイナー)
田部井志保(金工作家)/フカツクミコ(イラストレーター)
松川到子(画家)/riya(切り絵作家)

※この企画は、EN PROJECTのもとに作品の売上金の一部を被災地支援のための寄付金にあてられます。

どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by cucumbertea | 2011-07-06 00:43 | art work:制作

出張Stick展@gellery re:tail はじまります

e0178199_1014815.jpg

こんにちは。
先週までの「はなとお菓子展」@Eckepunktにお越しいただいた皆さま、ありがとうございました。
おかげ様で大盛況だったそうです!
cucumber teaの作品も多くの方にご購入頂き、ありがとうございました*
これからも日々努力して、日常がまた少し幸せになるようなものを目指して
制作していきたいと思っています。
よろしくお願いいたします。

そして、早速ですが、明日6月15日(水)から 6月20日(月)までの6日間、
今度は吉祥寺のgallery re:tailさんでのグループ展「出張Stick展」に参加します。
今回はアクセサリーとしてのコサージュに加えて、写真のようなもう少し繊細な作品を制作しました。

e0178199_1013382.jpg


また、今回のプロジェクトに賛同したたくさんの作家さんの作品が一同に集まります。
生活に取り入れやすいアクセサリーやテキスタイルなどの日用品から、オブジェなどのアートまで。
皆さま、お近くの際はぜひお立寄りください。

東日本大震災支援ネットワーク「EN PROJECT」賛同企画
「出張Stick展」
会期:6月15日(水) 〜 6月20日(月)
時間:12:00 〜 19:00
会場:gallery re:tail(吉祥寺)
住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町3-12-9 潤マンション103
電話:0422-26-9874

出品作家(50音順)
秋山啓子(陶作家)/浅沼千安紀(ガラス作家)/荒姿寿(染色作家)
今城晶子(金属造形家)/UU(陶磁器アクセサリー)/内田望(造形家)
小笠原森(美術家)/小野崎映(造形作家)/金子祐梨子(造形作家)
笹川健一(ガラス作家)/シミズダニヤスノブ(テキスタイルデザイナー)
谷口嘉(ガラス作家)/田部井志保(金工作家)/鶴田希望(布作家)
久村卓(美術家)/藤原絵里佳(陶芸作家)/丸山可菜子(やきもの作家)
三宅直子(陶造形作家)/森重裕子(布作家)/森田春菜(やきもの作家)
山田隆太郎(やきもの作家)/riya (切り絵作家)

※この企画は、作品の売上金の一部が被災地支援のための寄付金にあてられます。
[PR]
by cucumbertea | 2011-06-14 10:51 | art work:制作

アンティークのカトラリーを

e0178199_2025784.jpg

" sealed fork " 2010年 
マテリアル:アンティークカトラリー/流木/モヘア/木綿/綿テープ/綿白も/紅茶

e0178199_20252535.jpg

そのものの用途を無視して、そのようには使わないこと。
もしくは、そうしたくても出来ないようにすること。
本来の用途を失ったものは、今度は何になるのだろう。
e0178199_2025459.jpg

[PR]
by cucumbertea | 2010-10-26 22:47 | art work:制作

sweets

e0178199_18495240.jpg
e0178199_1850682.jpg

いつまでも子供ではいられないことはわかっているつもりでも。
大人になりきれないことばかり。

毎日のように反省することばかりだし。
気の重くなることもなくならない。
説明できないこともなくならない。

甘いものだって止められないし、苦手なものだってなくならない。
甘くて苦い誘惑は避けられない。

e0178199_18501697.jpg
e0178199_1850324.jpg


自由が丘の週末だけのお店Eckepunktでの展示『SWEETS POTLUCK PARTY』は先週終了してしまいましたが、来月末の展示にもお声をかけて頂きました。
また詳しいことがわかり次第告知させていただきます。
[PR]
by cucumbertea | 2010-04-23 20:29 | art work:制作

エッケプンクト

e0178199_032097.jpg


エッケプンクト、エッケプンクト、エッケプンクト。
思わず繰り返したくなりますが、呪文ではありません。
自由が丘にある、とてもかわいらしい一軒家のギャラリー&雑貨屋さんの名前です。

そんなEckepunktにて、明日4/10(土)から始まるグループ展『SWEETS POTLUCK PARTY』に参加します。

「スイーツ」をテーマに、アーティストの作品&本当に食べられるお菓子が大集合。
見て楽しみ、食べても楽しめるスイーツ好きにはたまらない展示です。

私は今回、久しぶりに新作の小作品をお見せできると思います。
家族ブランドのmayucopoloも、もちろん「食べられるお菓子」で参加いたします。

会期中、週末土日のみの営業ですが、皆さまぜひ遊びに行かれてみてくださいね。
よろしくお願いいたします。


**********************

会期:2010年4月10日(土) ~ 2010年4月18日(日)
open : 11:00 a.m 〜 20:00 p.m (*土日のみ営業)

参 加 作 家 :あべちほ / 川口伊代 / 川鍋幸弘 / サクラヤマ / 中島知子 / 中村かよ子/AYAP /dolcemente(a) / cucumber tea / ERIKARIKA / kado cafe / mayucopolo / patisserieR / thumb and cakes


ちなみに、写真は今回の内容とは関連していませんが都内某所の石畳。
何となくヨーロッパみたいな重厚な雰囲気ですてきでしょ?

展示風景は、できたら後日また報告します。
[PR]
by cucumbertea | 2010-04-10 00:51 | art work:制作

まほうをかける

e0178199_1103482.jpg

小さい頃、魔法使いに憧れた。

たとえば、そこら辺に転がっているただの石ころを、私が人差し指を指してクルクルと呪文を唱える。するとたちまち、誰も目にしたことのない、この世とは思えないほど美しいものに変わる。
それはそれは、きらきらとして、少し近寄りがたく、人を惹き付けて離さない。

また、薄汚れた暗い部屋の中に籠り、秘密の儀式を厳かに行い、得体の知れない乾燥させた何かと、庭で栽培しているハーブ、それらを鍋の中でぐつぐつと混ぜ合わせて魅惑の魔法をかけたり。

家には煙突と薪ストーブがあり、良い具合に荒れた中庭があり、代々読み継がれ読み込まれた分厚い図鑑がいっぱい入った本棚があり、家具はどれも古く壊れかけていて、年季が入っている。
服は、いい感じに紅茶のカップの輪じみなどがつき、独特の模様がついたテーブルクロスを適当に縫ってまとっている。

日々そんなことを夢見ては、ディズニーの「王様と剣」を繰り返し見たり、魔女の女の子や黒猫を描いたり、友達と魔法使いごっこをしたりして遊んでいた。

中でもパトリシア・クームスの描く絵本「小さな魔女ドリー」のシリーズは大好きだった。
図書館で出会ったその本は当時すでに絶版となっていて、今でも復刻してほしい絵本のひとつ。
少し大きくなってからはTim Burtonの世界観に本気で魅了され、同時に嫉妬した。

今思えば、あの頃のわたしと今も何も変わっていないのかもしれない。
当時描いていた世界観は今もわたしの中にいきいきと存在し、さらに増殖しつづけている。

今も、誰も見たことのない惹き付けて離さないキラキラと光輝いて見えるもの、そういうものをつくりたいと思っている。
わたしだけが使える、秘密の魔法で。

e0178199_1134269.jpg

最初の写真は最近つくったコサージュ。
マテリアル:綿帆布、木綿、ガーゼ、サテン、白糸、流木、ドライ植物、蜜蝋
[PR]
by cucumbertea | 2009-12-06 14:45 | art work:制作